姫路 内科・呼吸器科の寺田内科・呼吸器科.

寺田内科・呼吸器科

院長のごあいさつ

寺田院長  当院を開設した昭和55年当初、呼吸器診療の現場では気管支喘息・びまん性汎細気管支炎をはじめとした慢性下気道感染でたくさんの若い命が失われる時代でした。
数十年の間に治療が大きく進歩、吸入ステロイド・少量マクロライド療法といった治療法が普及し、かつて救えなかった方が元気に社会生活できるようになりました。
しかし今日、急速な少子高齢化の進展により医療の現場はかつて想定しえなかった問題に直面しています。
特に呼吸器の領域では、長年の喫煙が主因となる慢性閉塞性肺疾患(COPD)や誤嚥による下気道感染などにより生活が自立できなくなり、介護の問題でご家族が困窮する、ご本人も辛い最期を迎えることが社会問題となってきました。
当院では、若い方には元気で社会に貢献できる健康管理が出来るように、高齢者の方には1日でも長く自立して生活を楽しめる健康状態が維持出来るように、呼吸器をはじめとした内科領域で、地域の皆さんをサポートしていきたいと考えております。
患者さん一人一人の幸せが、地域、そして日本全体の活力につながることを願って・・・。
一人一人の方にあったよりよい医療を提供出来るよう頑張って参る所存ですので、どうぞよろしくお願いします。
経 歴
昭和38年 淳心学院高校卒業
昭和45年 大阪市立大学医学部卒業
卒業後大阪市立大学医学部第一内科勤務。
「肺化膿症」をはじめ呼吸器感染症をはじめとした診療・研究に従事:医学博士。 国立姫路病院(現姫路医療センター)内科勤務を経て
昭和55年 寺田内科・呼吸器科開設

ドクターのご紹介

寺田邦彦先生  はじめまして、寺田邦彦と申します。
当院開設のときは私はまだ小学校1年生でしたが、当時喘息のひどい発作で夜間臨時受診される方もしばしばあり、こどもながらに「怖い病気だ・・・。 救えるような医者になりたい!」と感じていたその想いが、呼吸器内科を専攻した端緒であったように思います。
医学部卒業後修行させて頂く中で、呼吸器領域にはまだまだ今の治療では歯の立たない難しい病気がたくさんある一方、たとえ難しい状況であったとしても患者さんを一人一人注意深く丁寧にみせていただくことで、重症化を防げること、ときに命を救える局面が多々あることを経験しました。
担当させていただく方が元気で社会で活躍できる健康状態でいられるよう、微力ながら医療面からご支援させていただきたいと思います。
日々精進して参りたいと存じます、どうぞよろしくお願い申し上げます。
経 歴
平成4年 淳心学院高校卒業
平成11年 防衛医科大学校医学部卒業
平成21年 京都大学呼吸器内科医学研究科修了
「COPD増悪の危険因子」に関する臨床研究に従事:医学博士。 卒業後天理よろづ相談所病院、姫路医療センター呼吸器内科を経て
平成26年 当院勤務
専門医・資格
・呼吸器専門医・指導医
・総合内科専門医

非常勤ドクターのご紹介

土曜日は、基本寺田邦彦と非常勤医師との交代制で診察させて頂いております。
外来は、すべて呼吸器専門医が担当させて頂きます。

寺田内科・呼吸器科

〒670-0849 姫路市城東町五軒屋3-6

寺田内科・呼吸器科外観

診療時間ご案内

診療時間

役立つ知識ご案内

役立つ知識

スマートホン版ご案内

QRコード